ZIAIと東京メンタルヘルス・スクエア、チャット相談の応答率向上に向けた共同研究契約を締結



テクノロジーを軸に自殺予防の仕組み作りを行う任意団体NPO ZIAI(所在地:東京都渋谷区 / 代表:櫻井 昌佳 / 以下、ZIAI)は、悩みや不安を持つ人に対するカウンセリングや電話・SNS相談を実施する特定非営利活動法人東京メンタルヘルス・スクエア(所在地:東京都豊島区 / 理事長:武藤清栄 / 以下、東京メンタルヘルス・スクエア)と、チャット相談の応答率向上に向けた共同研究契約を締結したことをお知らせいたします。

 

 

共同研究契約の背景と目的


2020年、日本の自殺死亡者数は10年ぶりに悪化し、10〜20代の自殺による死亡数はこの1年で500人増加しました*1。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに到来したニューノーマルにおいて、人々が自殺に至る前に適切なメンタルヘルスケアが行き届いているとは言い難い状況にあります。


現在、日本では自殺に関連するキーワードが主要メディアで検索・投稿されると自動的に表示される相談窓口から個人が厚生労働省や関係 NGO、各地域へ援助要請できる仕組みがあり、実際に多くの相談が寄せられています。しかし、オンラインチャット相談の応答率は2.7%~21.4%、つまり8割以上の問い合わせに対してカウンセリングを届けられていないのが実情です*2。


各方面からの相談機関への助成活動を通じてカウンセラーの拡充が図られてきたものの、カウンセリングの専門的知見・ノウハウを持った十分な人員確保は一朝一夕には進みません。こうした状況を打開する上で、限られた人員でメンタルヘルスケアの効果を最大化させるアプローチによっていかに”必要な人へ必要なケアを届けるか”を模索する試みが、喫緊で求められています。


本共同研究では現代における患者の需要と臨床心理サービスの供給の間にある「サービスギャップ」の課題に焦点を当て、テクノロジーを活用した“誰一人取り残さない新しいメンタルヘルスケアのあり方”を探求します。


*1 厚生労働省自殺対策推進室 警察庁生活安全局生活安全企画課 『令和2年中における自殺の状況』

*2 自殺総合対策推進センター 『平成30年度 革新的自殺研究推進プログラム 研究成果報告書』

 

 

共同研究契約によって実現すること


100 人以上のカウンセラーを抱え、オンライン相談を実際に行っている東京メンタルヘルス・スクエアと連携することで、相談者の属性情報や相談内容、カウンセリングログなどのデータを収集・分析することができ、ZIAIがもつデータサイエンスの知見に基づいた臨床的意義の高い視座の提供が可能となります。具体的には以下のような検討を研究の中で行います。


1. カウンセラー人員の最適配分に関する検討

寄せられた相談内容から相談者の重症度・リスクを分析し、限られた人員で最大効果を発揮する最適配分への臨床的示唆を提供します。


2. メンタルヘルスケアサービス提供の効果拡大に関する検討

類似性・関連性の高いケースをデータベースで関連付けることで、カウンセリング知見・ノウハウの資産化、カウンセラーの相談能力の拡大について検証します。


3. メンタルヘルスケアサービス提供の半自動化・省人化に関する検討

過去のカウンセリングログを元にした自動応答機能を持つチャットボットの提供と、これによるメンタルヘルスケアサービス提供の半自動化・省人化の可能性について検証します。

 

 

新たなカウンセリング体制の創出へ


現在は「カウンセラー人員の最適配分に関する検討」に重点的に取り組んでおり、2020年1月には論文を公開、今年の下半期には一部機能の実装を進めていく予定です。


最終的には本研究で得た成果を2社間に留めるのではなく、日本全国のNPO法人や相談窓口を持つ地方自治体に開放し、日本における「AI×カウンセラーの新体制でのチャット相談応答率100%」の実現へ貢献することを目指します。 

 

 

東京メンタルヘルス・スクエアについて


NPO東京メンタルヘルス・スクエアは40年間のカウンセリング実績を持つ東京メンタルヘルス株式会社社会福祉事業部が母体となって2012年に発足。風邪のひき始めににかかりつけのお医者さんに行くように、気軽に、いつでも悩みを相談できる場所を作り出すことを目指しています。


長年の実績と信頼のあるカウンセリング企業のバックアップを受けながら、ボランティアメンバーで活動していくNPOという形を作り上げることで、高いカウンセリング技能と低料金・無料のサービスの継続の両方の課題を解決しています。これまでの3年間で、無料電話相談とカウンセリングの利用者はこれまでで延べ3000人超、2か月に1回心理に関する公開セミナーの開催等の活動を継続しています。


 

公式ウェブサイト:https://www.npo-tms.or.jp/

 

 

ZIAIについて


自分を殺すのではなく、自分を愛せる社会を創ることをミッションとした非営利Tech集団です。AI×カウンセラーによる新たな相談体制の構築をはじめ、テクノロジーを軸にした自殺予防の仕組み作りを行っております。メンバーは社会起業家やスタートアップのCTO、海外在住のデータサイエンティストなど、それぞれが本業を持つスペシャリストで構成されております。


自殺行為自体を未然に防ぐことは、この問題の根本的解決ではありません。それに至った背景や原因を取り除いて初めて、その対象者にとって意味のある活動になります。ZIAIは今後もテクノロジーを軸に、国や地方自治体、医療や教育機関、NGOとの有機的な連携を促進し、自殺念慮を予防するための解決策を模索し続けます。

 

公式ウェブサイト:https://www.ziai.jp/

 

 

閲覧数:124回0件のコメント